>レポート>医療保険の種類を知れば選びやすい!補償内容も多種多様

医療保険の種類を知れば選びやすい!補償内容も多種多様

女性

終身保険と定期保険の違い

医療保険には、保障の期間があり、それには定期保険と終身保険があります。この違いをご存知でしょうか。定期保険は10年間、または60歳までなど、保障の期間が決められているものをいいます。対して終身保険は、保障が終身となります。医療技術は年々進化しており、新しい治療が生まれるなど変化もあります。定期保険のように期間を決め、更新のタイミングで新しい保障に切り替えていくのも良いかもしれません。終身保険の払込期間はそれぞれですが、保障は一生涯ですので、今のうちから一生涯の保障を持っておきたいという方はこちらでもよいでしょう。医療保険も、入院や手術を保障するものから、生活習慣病に特化したもの、がんに対してのものや、女性特有の病気に備えるものなど、様々です。どの保障がいつ頃まであった方が良いか、しっかりと検討し、合ったものを選ぶようにしましょう。

説明

貯蓄タイプと掛け捨てタイプの相違点

保険というと、「掛け捨てはいやだ」という方が多くおられます。最近は金利もとても低いため、利率の良いものは多くはありません。貯蓄型のものは掛け捨てに比べるとそれなりに保険料も高くはなります。純粋に保障が必要であれば、掛け捨てでしっかりと保障を厚くするのもよいでしょう。貯蓄型では、病気をしなければ何年か毎に祝い金が出るものなどもあります。このようなタイプは、病気をしなかったことのご褒美として楽しむこともできます。今までほとんど病気をしてこなかったので、掛け捨てはもったいないと感じる方には、貯蓄型は良いかもしれません。長い間払っていく保険料ですので、医療保険をメインか、貯蓄にも回したいかを考えておくことをオススメします。