>記事一覧>留学保険を考えよう【海外では様々な生活条件が異なってくる】

頼れる人がいない

海外で生活しているとき、もしものときになにかがあったら誰を頼りにすればいいのか、その点が不安です。親や親類がいないときに頼りになるのが保険なので、海外保険について詳細に考えておきましょう。

海外保険はこうやって加入できる

  • インターネットサイト
  • 空港
  • 旅行会社のカウンター
  • 保険代理店

留学保険を考えよう【海外では様々な生活条件が異なってくる】

説明

期間もいろいろある

三井住友海上でも海外旅行者向けの海外保険が提供されています。クレジットカードをもっていたり、現在加入している保険があったりするなら、検討してみましょう。
また、留学をするなら、短期から5年といった長期に渡って補償がされている留学保険を利用するといいです。特に長期だと歯科治療費の補償をしてくれるプランがあると助かります。計画によって選び分けるのが吉です。

海外旅行保険に加入していると補償されること

女性

傷害死亡

もし旅をしている最中に死亡してしまうようなことがあっても、傷害死亡補償がついているなら保険金が支払われます。死亡した場合でもかかった治療費が保険金で賄えます。

救援費用

本人が怪我をして入院したままの場合、家族が手続きに海外まで出かけることがあります。このときの移動交通費が救援費用で支払われます。保証金額に上限がついているケースが多いです。

航空機に預けた手荷物の紛失

ロストバゲージともいいますが、預けた荷物の中でどうしても必要となった場合には新しく購入する必要があります。航空機寄託手荷物の補償プランに加入していればその購入費用が補償されます。

プランを選ぶ

補償が手厚くなればなるほど、保険料も高くなっていきます。留学保険や海外保険は、滞在費用が長いほど補償が手厚いほうが良いですが、必ず内容を比較して旅行や留学の目的に合わせて選ばなければなりません。